日商簿記を取得して年収をアップさせるには!

日商簿記を取得して
年収をアップさせるには!

日商簿記の資格を取得して現在もしくは将来の仕事に役立てようと毎年多くの受験者が試験を受けています。2級では4万人以上、3級なら7万人以上いますからそれだけ仕事で求められている知識と言えるでしょう。
就職に有利になるため、仕事の幅を広げるためなどそれぞれ目的が違うと思いますが、最終的には日商簿記の資格を活用して年収を上げたいと誰しも思うことであります。

では日商簿記の資格を取得しどのように年収を上げていけばよいか考えてみたいと思います。
しかしその前に簿記の重要性を認識してください。簿記は会社(個人商店も含む)を運営していく上で必ず必要な知識と言えます。業種を問わずすべての仕事の共通の資格となりますから、 必ず会社に1人は簿記の知識がある人がいるはずです。

逆に簿記の知識がなければ現在の経営指標を把握できていないので、この厳しいご時勢で生き残っていくのは困難になります。それだけ簿記の知識=経理は会社を運営していくに当たり大変重要な役割を果たします。

しかしそれだけ大切な簿記の資格を取ったからといって直接的に年収を上げるのは難しいでしょう。
会社勤めされている方なら資格手当てが期待できますが、額はしれています。やはり簿記の知識を利用して会社内での評価を高め年収を上げるのが現実的になります。

例えば日商簿記の資格を取得すれば貸借対照表や損益計算書のバランスシートが読めるようになります。ただ読めるだけでは意味がなくそれだけでは経理として評価されるのは難しいので、自分の会社を分析できる能力を身につける必要があります。
今この会社は何が悪く、今後何を伸ばせば業績が上がるのか、しっかりと経営的な観点から提案できれば社内の評価が高まり、いずれは年収があがる可能性もあります。

又日商簿記の資格を持っていれば少しでも年収の高い会社に転職することも可能になります。経理を求めている会社の求人は必須事項で簿記の資格が必要なことが多いですので断然有利になります。もちろん就職にも同じことが言えます。但し就職・転職を考えて日商簿記の資格を取る場合は2級以上を目指してください。2級を持っていれば経理に必要な知識があると判断されますから有利になると思います。

そして年収を上げると言う観点から一番理想的なのは行政書士や社労士などの資格と併用して独立することです。前述したように簿記はどの仕事にも必要な知識になりますから必ず勉強する必要があります。その時に日商簿記の資格を持っていることは非常に大きなメリットになります。
独立開業して業績が伸びている会社はきちんと事務所の経理を理解しています。経理をおざなりにして破綻した会社はたくさん世の中にはあります。

どんな状況にせよ社会人として働いていくなら簿記の知識は必要になってくることがあるので、必ずキャリアアップにつながりますからチャンスがあれば是非取得してください。




簿記の通信教育ならこちらがおすすめです。

© Copyright 2009, 日商簿記のすべて